2008年05月31日

「アルゼンチン」の見所その1

アンサンブル・アッカの国巡りシリーズ、第4回「アルゼンチン」の開催まで2週間を切りました。

今回の見所について何回かに分けてお知らせ致します。

まず、今回はバンドネオン奏者の三枝隆司さんをゲストに迎え、なかなかみることのできないバンドネオンという楽器について知っていただきます。

ピアソラブームの時にタンゴとともに、ある程度日本でも知名度の上がったバンドネオン。ものすごく簡単に言うと、鍵盤のないアコーディオンみたいなものです。アコーディオンなら小学校の合奏なんかで使うこともあるので、イメージは沸くでしょうか?

鍵盤がないのにどうやって演奏するのか?は当日のお楽しみですが、まあそれだけでは何なので詳しくは以下をご覧ください。

・バンドネオン

アルゼンチン・タンゴには欠かすことのできない楽器、バンドネオンの魅力の一端にふれていただいて、皆様の音楽生活をいっそう広げていただけたらと思っております。
posted by Ensemble H[akka] at 19:08 | TrackBack(0) | アッカのお知らせ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15554340
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック