2012年09月30日

メシアン練習にて

初投稿しますヴァイオリンの後藤でするんるん
メシアン2012.JPG
上記の写真は、今回演奏しますオリビエ・メシアンの『世の終わりの為の四重奏曲』の練習風景です。


第二次世界大戦中、捕虜となったメシアンはゲルリッツ(現在のドレスデン)の収容所でこの曲を作曲しました。


極寒の地で極限の精神状態で書かれたであろうこの曲を演奏するには…


と言う事で、まずは音に対してのイメージを話し合うところから始めていますひらめき


極限の精神状態を想像…平穏な日常の中では想像するのは難しいあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


秋津さんを中心に色んな話をしていますわーい(嬉しい顔)


あ、もちろん音出しもしていますよexclamation×2


お越し下さったお客様にも是非、極限の精神状態を想像しながらお聴き頂ければと思いまするんるん


まだまだ私達の練習は続きます。



VL 後藤
posted by Ensemble H[akka] at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58625660
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック